ちょっと前までは、「ネットカフェ」っていうと、なんだか暗いイメージやオタク的なイメージを抱かれやすかったではないでしょうか。でも、最近では、みなさん抵抗なくネットカフェを利用されているのですよね。それに、マンガ好きの方ならきっと一度は、ネットカフェでのアルバイト(ドイツ語の労働が元になった言葉で、バイトともいわれます)を体験したいと思ったことがあると思います。ネットカフェのアルバイト(法的には正社員よりも一週間の労働時間や労働日?が少ない労働者をいうようです)は、労働時間としては平均6〜8時間くらいなので、通常のアルバイトとあまりかわりないでしょう。平均時給も、800円から900円程度です。ただ、ネットカフェは二十四時間営業しているところが多いため、深夜勤務になってしまった場合には、時給が1000円から1300円にまでUPするところがほとんどでしょう。仕事内容としては、まず、利用者が来店された時の受付業務、清算、店内の掃除、まんがや雑誌の棚の整理などですね。大きな店舗(良くも悪くも店主の個性が出るものです)であれば、飲食物を提供することもありますが、大体の場合は冷凍の物やレトルトの物を提供しているのです。なので、本格的に調理業務を行う事はないになると思います。実際にネットカフェでアルバイト(ドイツ語の労働が元になった言葉で、バイトともいわれます)を行った方の体験談(物事を体験した人の話、感想などです)では、「一般的なアルバイトよりも楽だ!」というものが多いです。当然、店舗によっても、かなり違いがあるので、一概にはいえません。でも、暇な時間にはマンガや雑誌を読む事ができたり、店内に設置されたドリンクが飲み放題と言う事もあります。どちらかといえね、チェーン店の大型店舗(たくさんの商品の中から、好きなものを選んで買うというのが買い物の楽しさでもありますが、最近では通えるところにお店がない買い物難民も増えているそうです)よりも、個人経営に近い小型の店舗(商店街などが廃れていく一方で、巨大な総合商業施設などが建設されることも多いですね)の方が自由(アメリカというイメージがありますが、実際のところはそうでもないでしょう)度が高くて楽だといった傾向があるようですね。デ利点としては、たまにお酒に酔って夜中にやってくるお客さんがいるなど、厄介なトラブルに巻き込まれる場合もあると言う程度でしょうー